夢が叶う時って意外とあっさりなのかもしれない

こんばんはー。
お久しぶりの更新です。

ここしばらくは7月7日にリリースされた
LINE占いアプリの悩み相談室に夢中になっておりました。

対面鑑定やイベント鑑定の合間を全てこの時間にあてこみ、
寝る間も惜しんで、2週間強で160件のお悩みに答えてます。
150725
私、すんごい頑張ってます。

実はこのお話が来た当初、それほどやる気はなかったのです。
メール鑑定って大変だから・・・

ほら、文字だけって誤解を生みやすいでしょ。
だから、同じ鑑定をするにもメールの方が、
何度も読み直しをしたりして時間がかかって大変なんです。

で、実際やってみたらわかったんです。
あれ?これってずっと私が目指してたものじゃない?って。

そう。
私が世界一周から帰国し、フリーランスの道を選んだ4年前から、
ずっと目指していたことがありました。

それは日本にいなくても月に20万稼げるシステムと作ること。

そしたら物価の安い国に住み、月10万でそこそこリッチな生活をし、
残り10万は貯蓄すれば老後も安泰☆
世界中がネットで繋がる今だからこそ、それはできるって。

そのために、儲からない仕事も、将来のためと色々やってきました。
苦労もしました。

とそこに登場したのがLINE占いです。

あれ?
これって、そのまま海外でもどこでもできるじゃん。
っていう。

あまりにもあっけないことで、自分でも唖然。
今すぐに、海外でも沖縄でも、どこでも生活できる状態なのです。
すごいぞ!

夢が叶う時って、そんなものかもしれませんね。

今はリリースしたてだから、ご相談者もたくさん来てるだけなのかもしれないので、
この先はどうなるかわかりませんし・・・

なにより、NOI CAFEという空間と仲間、そして心桜さんがいるので、
そう簡単に動くことはできませんけどね。

とりあえず、いつでも動けるよう、
このLINE占いは頑張っていきたいなーと思ってます。

そしてそのため、いろんな仕事が滞っていて、ごめんなさい。
8月からは比重を変えて、そちらにもがつっと手をつけられるよう頑張りますので。

あ、台湾ブログも。
待っている方は特にいないとは思いますが・・・一応ね!

ではおやすみなさい!

LINE占い「お悩み相談室」

おはようございます!

NOI CAFEオープン以来の忙しさにかまけ、またまた台湾ブログが止まったままですが・・・
今日はちょっとだけお知らせです^^

お知らせが遅れましたが、昨日リリースされた、LINE占いのお悩み相談室に、
私、大串ノリコも参加させていただいています。
(いわゆるメール鑑定です。)

1日限定5件までとなりますが、これから1週間は毎日、12時または15時から受付してます。
(5件に達し次第終了)

公開鑑定にすると鑑定料が半額になるキャンペーンもありますので、
よろしければご利用くださいね^^
http://official-blog.line.me/ja/archives/36319836.html

すっきりしない空模様ですが、今日も良い1日でありますように!

台湾のパワースポット「龍山寺」

さて、ここからは両親と合流しての3人旅。
いつもより、冒険はなくなり、リッチな旅になります^^

まず初日は台北の市内観光。
登場する観光地はベタベタではありますが、私なりの目線で書いていきたいと思います☆

まずは、パワースポットとして有名な龍山寺。ロンサンスーと読みます。
150619-01
実際、ご利益の高いお寺としても有名のようで・・・
すでに台湾に訪れた占い師さんがみな、口を揃えてオススメするお寺です。

龍山寺といえば、鹿港老街にある龍山寺も行っていますが・・・
鹿港老街散歩(1):仏閣編

思っていた通り、そちらとはうってかわって、すごい豪華。
そしてすごい熱気です。
150619-02

150619-03

150619-04
地元の人たちが熱心に祈り、線香の煙で充満しています。

台湾の人たちは本当に信心深いですね。

で、鹿港老街で不思議に思っていたこちらの木。
150529-13
(これは鹿港老街の天后宮のもので、台北の龍山寺はもっと綺麗なものが置かれてます)

なんだろーと不思議に思っていましたが、謎が解けました。

両親が持ってきた「地球の歩き方」に普通に載っていましたの。

答えは「おみくじ」

みなさん、おみくじとは、くじ引きでもなく、吉凶を占うものでもなく、
神様からのメッセージであることをご存知でしょうか?

日本の神社では、お参りする際に神様に
「私にメッセージをください」
とお願いしてから引くとよいとされています。

台湾では願い事を思いながらこの木を振り、
おみくじを引く了解を得る、
らしいです。

早速やって出たおみくじはこちら。
150619-05
冬來嶺上一枝梅
冬の山中に一本の梅の木がある
葉落枯枝總不摧
葉は落ち、枝にも力がない
探得陽春消息近
しかし春が近づき暖かくなるにつれ
依然還我做花魁
見事な花を再び咲かせることだろう

すごくしっくり来るメッセージでした。

今回、事前準備が足らず、参拝方法に多々無礼なこともあったと思うのですが・・・
光のある素敵なメッセージをいただけて、感謝です。

こちらに龍山寺の参拝方法や、おみくじの引き方が詳しく載っていたので、
これから行く方はこちらを参考にするとよいと思います!
拝拝(バイバイ)ってどうやるの?こちらをご参考!

ちなみに日本と大きく違うのは、おみくじにお金がいらないこと。
代わりにお賽銭でいれてきましたけどね。

後、お供えを置く人もいれば、取っていく人もいる謎のシステム。
150619-07
謎が解けたら、また書きたいと思います。

小蝴蝶香包のお守りもご購入。
150619-06
どこにつけようかなー。

アンティークというよりグルメの街だった「永康街」

ゲストハウスを決めた一つの理由の永康街。
昭和レトロな骨董品のお店が並ぶ街として、どこかの記事を読みまして。
150615-9
台湾101が見えますね。

私が期待していたのは、こういう「おしゃれレトロ」なお店。
150615-3
(これは誰かの絵のギャラリーのお店でした)

ですが、実際の骨董品のお店はこんな感じ。
150615-4
ガ、ガチすぎて、入りづらい・・・

細かい通りもいろいろ見たのですが、洒落てる感じのお店に入ると、
日本やヨーロッパ系の輸入雑貨だったりで・・・
なんか違うのよね。

その代わりに目を引いたのは、行列のできる食べ物屋さんデス。

マンゴーかき氷のお店。
150615-6
美味しそうだったけど、一皿がでかく180元(720円)もするのでスルー。

台湾版お好み焼き。
150615-7
昔、台湾に来た時、土産物屋さんでこの「台湾版お好み焼き」を食べさせてもらったことがあり、
美味しかった記憶があったので食べたかったけれど・・・
見事な行列だったので断念。

日本でも有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)の本店。
150615-8
ここもすごい人だった。

結局どこも入れずウロウロしていたのですが、こんなお店を見つけました。

師範大学近くの「素食天地」
150615-13

量り売りのベジタリアン台湾料理です。
150615-10

「地雷を踏んだら困る」と控えめに選んだ私のプレート。
150615-11
これに豆腐のスープみたいなのをつけて、確か150元(600円)くらい。
安くはないですが、どうしても食が偏ってしまう一人旅で、これはありがたい☆

と、私・・・地雷をさけて臨んだプレートのはずが、
思いっきり地雷を踏んでおりました。( ̄Д ̄;)

世界各国を周り、食べ飽きて食べれなくなった品はあれど、
全く食べれないというものはなかった、好き嫌いのない私。
昔、食べれなかったドリアンも、熟してなければいけることを知り、
すべての食材を克服できたはずでした。

が、このご飯が美味しいといわれる台湾の旅で、
私が全く食べれない物と出会うことになるとは・・・

その名も「臭豆腐」。
写真右上の灰色の豆腐デス。

ガイドブックを持たない私は、この臭豆腐という存在を知らずに台湾に来ておりまして。
知らずに私は”2品”も臭豆腐を選び、素晴らしいチャレンジプレートとなっていました。
それも臭豆腐はずっしり重いので、お会計の大半が臭豆腐だったと思われます。

2口頑張りましたが、やはりダメ。
一言でいえば、う◯この匂いです。

日本の納豆も、外国人からするとこんな感じなのかなー。
ということは食べ慣れれば、美味しいと思えるようになるんだろうか・・・

とりあえず、臭豆腐はアレでしたが、
かぼちゃの煮付けみたいなのは甘くて美味しかったし、
肉を使わない点心や練りものなどもナカナカでした。

臭豆腐を選ばなければ(しつこい)
野菜がたくさんたべれて、オススメのお店だと思います。

肉食の私は、お昼に食べた台北のチェーン店、
鬍鬚張魯肉飯の弁当80元(320円)がコスパ高くて好きですけどね。
150615-12
ちなみに中国語で弁当は便富と書きます。

便・・・

いやいや。
便富は大丈夫デス。

上の弁当の厚揚げは普通の厚揚げでしたが、
臭豆腐の厚揚げもあるらしいので、みなさん気をつけてくださいね。

台北のゲストハウス「バナナホステル」

安いと思っていた台湾の物価は、実際はそうでもなく、
ゲストハウスもドミトリーで2000円〜2500円が相場。
ここ近年タイばかり行っていた私にはとても高く感じます・・・
もう台湾は先進国ですね。

ただ、台湾のゲストハウスは朝食付きだったり、サービスもきめ細やか。
おしゃれなリノベーション系やら、コミュニケーション系やら、個性もあり、
さらに最近はやりのAirbnbもみはじめたら・・・

たかがゲストハウス、されどゲストハウス。
どこに泊まろうか、すーーーーーーっごく悩みました。

最終的に決めたのは、東駅から徒歩1分というアクセスの良さと、永康街に近い
バナナホステルに。

私のゲストハウス選びで重視するのは、清潔さと、
ドミトリーでもカーテンが付いていたりとプライベート感があること!
150615
バナナホステルの女子ドミはカプセルホテルのような感じになってます。

プライベート感のあるドミトリーはよくありますが、自分用の鏡がついているのは初めて。
150615-1
これはいいですねー。

バナナホステルというだけあって、バナナはいつも無料。
通常はトーストとバターやジャムのシンプルな朝食ですが、土日にはバナナケーキも出てきます。
150615-2
今回、土日の2泊だったので両日バナナケーキを食べることができてラッキー。
甘さ控えめで美味しいかったです。

また、スタッフも明るく親切で、適度な距離感(ここ大事)で、とっても快適でした。

一つ難点をいえば、シャワーと洗面所とトイレが一緒で、
さらに男女兼用、さらにすりガラスで・・・

いや、見えるわけではないんですが、ガラスの向こうで身支度をしている人の後ろで、
大の方は、とてつもなくしずらかった。
というのはありましたが、総合的には満足です^^

ホステルの写真を撮ろうと思って忘れちゃったので、こちらでも。


あ、そうだ。ここ、タオルも付いてました。
これも助かるし、嬉しいですよね。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 164 165 166 Next