紫微斗数

丑年には必ず何かが起きる

占い師の癖に、占いのことは全く触れないし呟きもしない・・・
でもちゃんと占い師やっている大串ノリコです。
こんばんは^^

他の占い師さんを見ていると、心に突き刺さる名言的なものを呟いたり、ブログにしていたり・・・
はたまた、今はこんな時だからこんな行動を!みたいなお役立ち情報を発信していたり・・・

私もそういうのできればよいのですが、どうにも苦手で💦
ついついどうでも良い話をしがちなのですが、どうでも良い話ばかりではよくないので、たまには頑張って占いの話でも^^

 

というわけで今年は丑年ですね^^
ちなみに私は丑年生まれの年女です。

本来なら年女は年神様の御加護が受けられると言われているのですが、
私にとってこの丑年は結構な鬼門なのです。

過去には
24歳の時には骨折して治ったはずの骨がまた折れて大手術
(1ヶ月ベットの上での生活・お風呂もトイレもベットの上)
36歳の時には窓際に押しやられるという、いじめのようなリストラを経経
ということがありました。

何故でそんなことが起きるか・・・
それは紫微斗数の命盤に書かれています。
私の紫微斗数命盤

赤く囲んでいるのが、丑の宮=丑年の運勢なのですが、この丑の宮。
自化忌+羊刃がある上、3つの宮から叩かれまくるという、凶を凝縮したような宮なのです。

というわけで、もう今から「今年何が起きるの??」と戦々恐々💦

実際すでにその予兆も始まっている感じですし・・・
やはり凶は避けられないか・・・
と思って過ごしております。

でも、運気というのはアップダウンがあって当たり前。
そして大きな何かがあるからこそ、大きな何かができたりもする。

実際
24歳の時はその後結婚を決め、
36歳の時はそのまま世界一周に旅立ちました。

そんなことがあったからこそできた決断。

今年はどんな「変化」が待ち受けているか。
そう考えると逆に楽しみになってきました^^

あ、でも痛いのとか心が傷つくのは避けたいなー

ちなみに紫微斗数で年が明けるのは2月12日から。
今年の運勢を知りたい方はぜひお声掛けくださいね。

© 2021 占い師☆大串ノリコ 公式ページ